全部 酸味はあります

先日、神保町のGlitch coffee roastersに行ったのですが、

様々な種類の豆の中から、お客さんが選んでいたので店員さんが好みを聞いていました。

酸味の少ないものが好きです

と言うお客さんに対して

全部、酸味はあります!

と答えていたのがとても印象的でした。

確かにGlitchのコーヒーはかなりの浅煎りでまとめられていて、とても尖ったラインナップ。

よく、郊外のコーヒーショップの主人から

「本当は豆の味を楽しんでもらいたいけど、お客さんが好きなのは、深く焙煎した苦味のあるコーヒーなんだよね」

と言う声をよく聞きます。

用意する豆全部が浅煎り、というのは新しいことに寛容な東京のコーヒーショップだからこそ出来る事、とも言えるかもしれません。

でも、酸味が嫌い、と言う人にとっての酸味と、スペシャルティコーヒーの酸味は違うんじゃないかとも、思います。

あのさっぱりとしてフルーティな酸味を体験したら、コーヒーの印象自体が変わることもあるかもしれません。

そんな体験を提供してくれる「尖った」コーヒーショップを、ぼくは応援したいです。

もちろん、お客さんの好みに合わせたコーヒーを提供するという、「基本的なホスピタリティ」を尊重するべきとも思いますし、そこに店主の方のコーヒーに対する姿勢や人柄が反映される所も面白い所ですね。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中