雨と万年筆

“グラスには、時折ワインを少しだけ注いだ。
決して高価なものではなかったが、二人にとっては十分な贅沢だった。 「お疲れ様。」 控えめに乾杯をして、取り留めのない会話をしながら過ごす夕食の 時間は、何よりの幸せだった。”
若き作家の挫折と、その中に見出した慎ましやかな幸福を描いた、古臭くあたたかい作品。