白楽ベーグル(横浜・白楽)

毎日手作りしているベーグルが日によって早い時間に完売してしまうほど人気の白楽ベーグルは、東急東横線、白楽駅から歩いて10分ほど、昔ながらの商店街を抜け、小道を進んだところにあります。

白塗りの壁に木目調のインテリア、そしてマットなブルーの窓が印象的な店内は、以前もカフェだったお店を、知人の古道具屋から仕入れたアンティークで揃えてできたそう。

白楽ベーグルに来て欠かせないのはもちろん自家製のベーグル。

いわゆる一般的なベーグルに対して抱いている、よく言えば噛み応え、悪く言えば硬さは、白楽ベーグルにはありません。

日本人の口に合うよう国産小麦にこだわった生地は、もっちりとしていてふわふわ、抜群の食感です。

中でも人気メニューのあんバターサンドは是非とも食べていただきたい。

バターの塩気とあんこのやさしい甘み、この2つを先の絶品ベーグルが包み込むのです。

自家製の焼き菓子も見逃せません。

素朴な甘さが癖になるキャロットケーキは、上に乗ったクリームチーズ、バター、そしてきび砂糖をブレンドしたグレーズドがアクセントになっています。

提供するドリップコーヒーは、横浜で(おそらく)最も多くの人に親しまれているロースターteracoffee and roaster(テラコーヒーアンドロースター)の豆を使用。

テラコーヒーが白楽ベーグルの為にブレンドした白楽ブレンドは、ブラジルベースの調和のとれた味で、ベーグルとの相性も抜群です。

大学が近くにあり、通りすがりの学生や職員にも愛される白楽ベーグルは、横浜の名物でありながら、同時に地元の人の日常にも寄り添う名店です。

横浜にお立ち寄りの際は是非お越しください。でも売切れにはご用心笑

美味しさと手に入りにくさは往々にして比例するものですから…。

■Address

横浜市神奈川区六角橋3-3-15

■Open

10:00-19:00

■Close

月・火

■HP

@hakurakubagel

(instagramアカウント)