ミモザの人

“「この花はね、わすれ草とも言われてるの。花が一日で枯れてしまうって言われてるから。」
 私の目を見て話す彼女は、笑顔に少し憂いのある表情を浮かべていた。”
都会で心を病んだ青年作家が佐渡の地で出会った、一人の女性。昭和モダニズム文学への愛に満ち溢れたラブストーリー。