ねずみとパトリック

“彼は完全に行き詰まっていた。一日中寝そべって考えても、外を散歩しても、はたまた気晴らしに自分への褒美として取っておいた高級チーズを口にしても。何も思いつかなかった。”
シュールでウィットに富んだ作家のねずみが経験する、奇妙な数日間を描いた短編。